走行距離を確認する

良質な中古車を選ぶなら

中古車は新車と比べるとかなり安く提供されているものも多く、うまく探せばかなり安く購入できることもあります。とはいえ、新車とは違い、すでに他の人が使った車なので、素人ではその車が良質なものであるかどうかを確認することは困難です。見た目がきれいでも、修理を繰り返している可能性があるため、外見からだけでは判断するのは難しいといえます。素人が良質な中古車を見つける方法では、まずは走行距離のチェックがあげられます。車は長い距離を走ればそれだけ部品も消耗し、故障のリスクも高まります。走行距離の長い車は安価で提供されていることが多くなっていますが、ただ安いからと安易に決めてしまうと修理代で結局高くつく可能性もあります。

走行距離が短すぎる場合

走行距離が短く高年式の中古車は値段が高くなる傾向がありますが、それだけ安心して乗れる車ともいえます。とはいえ、走行距離が短ければ良い車というわけではありません。低年式にかかわらず、極端に走行距離が短い場合はエンジン内に汚れが溜まっている可能性もありますし、使用頻度が少ない車はサビが広がっているものもあります。足回りや内装にダメージが少ないことはメリットですが、あまりに走行距離が短い場合も注意が必要です。5万kmや10万kmといった大台を超えると価格も大きく下落する傾向にあるので、少しでも安く購入したい場合は大台に乗った直後の車にも目を向けたいところです。走行距離が10万Kmを超えた車は、かなり安く手に入る可能性もありますが、故障のリスクが高いことは頭に入れておきましょう。

カーリースとは、月々定額の料金を支払うことによって、車を一定期間借りることができるサービスです。車検料や税金などが契約金に含まれており、維持管理のための費用を支払わなくて良いというメリットがあります。